看護師の転職の現状について紹介します。現在の看護師の転職の現状は、転職する側が非常にしやすいのが現状となっています。なぜ転職する側がしやすい状況になっているのか、その理由は、まず一つ目に診療報酬上の問題があります。2006年の診療報酬改定によって、一人の患者あたりにつく必要のある看護師数が多く必要になりました。それによって、看護師不足となっている病院が多くあります。二つ目に転職する看護師が多いことが挙げられます。なぜ転職する看護師が多いのか。それは勤務が過酷であるということがあります。看護師の仕事は夜勤があるなど非常に苛酷な労働条件があります。これによって転職を余儀なくされる看護師が増え、看護師の仕事自体をやめてしまう人も少なくありません。また看護師の仕事をやめてしまう理由として一番に多い理由が、仕事の割に給与が安いということがあります。上記したように看護師の仕事は非常に苛酷にもかかわらず、給与が安いということがありどうしても看護師不足が加速しています。またそのほかの理由としては、仕事が忙しくて、仕事にやりがいを感じないと言うことも、大きな理由の一つです。看護師の仕事に夢を持って、仕事を始めた人には、この過酷な労働状況の中での就労は、夢見た看護師の仕事とは大きなギャップを感じている人も少なくはないようです。様々な理由で看護師をやめる人が多く、看護師が足りていないと言うのが看護師の転職の現状です。